• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行くぜ初体験(初めての型取り)

型取り初体験の前に、ネット上のシリコン型取りHowtoサイトをダダーっと怒涛の訪問。

すげー!いろんなノウハウが蓄積されていやがる!
そんなノウハウたちをいいトコ取りしてついに初体験になだれ込みだぜ!


(1)まず、ブロックを組んで粘土を敷き詰めます。
平坦にするために無駄に時間がかかってます。無論、そこまで平坦にこだわるこたーありません。

RIMG0147.jpg



(2)今回型取るユニコーンの平手をセットします。
真ん中の逆T字になったランナーは、レジンキャストの液が通る通り道。粘土面と被型取り品の接点(分割線の入る部分)は、できるだけ垂直に交わるようにすると出来上がりが安定します(他サイトの受け売り)。



RIMG0148.jpg


(3)シリコンに硬化剤を調合(WAVEのシリコンゴムは100:1で混ぜます)
このシリコンは完全硬化まで12時間らしいんで、慌てずゆっくり作業できます。昨日買って来たタニタのキッチンスケールでしっかり計りながら調合。このハカリ、1780円で0.5g計れるってすげー安くない?


RIMG0150.jpg

(4)シリコン流し込み。
写真ではいきなりどばーっとやっちゃってるみたいに見えるけど、この前段で平手のところに静かにゆっくり糸のように細くシリコンを流し、綿棒でなぞって気泡を抜いてます。もちろんこれも受け売りだけどな!気泡の入ったシリコン型で複製品を作ると、当然そこにキャストがまわって、イボみたいになりますねw
複製品全部がイボ付きになったらちょっとへこむんで、ここは慎重に慎重に。

RIMG0151.jpg


表面にぽつぽつと気泡が浮かんでは消える様は妖怪人間ベムのオープニングを想起させます。ちなみに俺、気泡がぽこぽこ上がってるのを観ているのが好きで、多分2時間くらいなら見てられますね。


RIMG0152.jpg


-----------------------------

そして12時間後・・・

(5)粘土を剥き剥き&反対側へもシリコン流し込み
ブロックをとっぱらうとこんな感じ。ゆっくり粘土をはがしていきます。平手にもちょこっと粘土が残りますが、当然ながら粘土が残ったままだと後で使うものにならない型になってしまうんで、丁寧に取り除きましょう。

RIMG0154.jpg


再度ブロックを組み、反対側へもシリコンを流し込み。
たらーっと流し込み始めたところで、シリコンバリアーを塗っていないのに気付くw
いやマズイマズイ。シリコンバリアーっていう液体を塗ってから反対側の流し込みをやんないと、型の両面がくっついてしまうんだぜ!くっつくと言うより、同化しちまうんだ(受け売り)!

泣きながら今垂らしたシリコンを綿棒で丁寧にふき取り、シリコンバリアーを塗って、もう一度流し込み開始。先だってのシリコンが余っちゃってたんで、刻んで今回のシリコンにぶち込んでやりました。こういう乱暴な入れ方はよくないんでw 皆様はもうちょっと丁寧にやってください。

RIMG0158.jpg




ぽつぽつ上がってくる気泡を2時間ほど鑑賞。で、12時間放置プレイ。

出来上がったのがこちら!

RIMG0162.jpg

平手パーツをシリコンからはずし、カッターや彫刻等でキャストの流れる通路と空気抜きの経路を彫り込んだところ。正直なとこ・・・・この型でちゃんとした複製品を作れる自信がまるで無く、、ひたすらへこみそうになってたのであります。


(6)レジンキャスト流し込み!!
男は振り返らないものだ。こうなったらやるしかない。見るからにヤバそうなシリコン型にキャストをぶち込め!シリコン型を張り合わせ、プラバンで挟んだらクランプで固定。これじゃマズいかな?と思いつつめんどくさいのでこのまま進行!

RIMG0163.jpg


A剤とB剤を1:1で混ぜ、急いで流し込み!硬化開始まで数分しか無いので写真撮ってるヒマなし!
透明だった樹脂が、数分で白濁してくる。むちゃくちゃ熱くなるぞ!(ビックリした。多分60~70度くらいにはなってる) 流し込み口の樹脂が固まったら、おもむろにシリコン型を割る!



RIMG0165.jpg


おおおおおおおお、これは思ったより上手く行ったくさいぞ?
最初は絶対指が何本か不足したり、散々な目に遭うと思っていたのに完璧じゃないか?


RIMG0168.jpg


余分なものを切り落としただけでこの完成度。
すげぇ、案外なんとかなるもんだなー。大喜びで3セット作っちゃったよ。
これで、今後作る予定のリゼル一般機、リゼル隊長機、ジェガンD型用の平手が揃ってしまいました。もう平手だけはいつでも潤沢!シアワセだなぁ。

というわけで全編受け売りでお送りしましたシリコン複製、いかがでしたでしょうか。
何かご質問等あれば何でもお答えしますよ!(もちろん内容は全部他サイトの受け売り)


スポンサーサイト

ザ☆散財(型取りグッズ買って来たぜの巻)

やってしもたっ

このGWは実家で仕事だと思っていたが、金曜の晩になって行かなくてよいことになった!

なけなしの金を握り締めて秋葉で散財!

こんなの買って来たぞ!

RIMG0144.jpg


RIMG0146.jpg



これでついに、自分で作ったパーツをバシバシ型取りできるってワケ!
ジェガンの股間のVマークとか、肩のスラスター?のところとかね!

しかし福沢諭吉1名飛んでったぜ・・・


というわけで、次回はシリコン型取り&複製の実際についてお送りする予定!







撮影用ライト自作の巻

しばらくぶり!
さて今回は、撮影用ライトを作るの巻ですよ。今までデスクのスタンドライトにトレーシングペーパーを引っ掛けて撮影してたんだけどちょっと光量が足りなくて。シャッター速度が稼げないせいで、三脚使ってるのにぶれた写真になったりしてたんだ。

ホムセンで大き目のスタンドライトを買おうと思ってた俺だが、よく考えたら、昔バイクをいじりまくってた頃に使っていたライトがどっかにあったはずだぞ・・・

ありました↓
クリップライト



もう15年近く仕舞い込まれていたが、なんとか使えそうだ!


クリップライトwith蛍光灯


近所のYダ電機で買ってきた蛍光灯を装着。ばっちり。

このままだと光が360度に拡散するので、「カサ」を取りつけることに。
徒歩5分の100円ショップとホムセンで、使えそうなもんを買って参りましたよ。


ボウル、ホットグルー、アルミシート


おもむろにボウルに穴あけ。

ボウルに穴


もう2度とボウルとして使われることはないんだね。取り返せない機能。
モロッコで性転換すると同じような気分を味わえるかも知れない。


ボウルにアルミシート


開けた穴に電球ソケットの基部を突っ込んでホットグルーで固める!
文明の利器だよなーこれ。表裏からがっちり接着したら、アルミシートをボウルの内面に貼り込んでいきます。
で、貼り終わったらトレーシングペーパーでボウルに蓋。これで簡易撮影用ライトが完成!


RIMG0093.jpg


うはーまぶしい!まぶしいよママン!

これはもう撮影ライトというよりソーラーレイ!
俺の机の上がもはやゲルドルバ照準。レビル将軍逃げてーっ みたいな。なんだよこのテンション。

どのくらいまぶしいかというと、妻が「こっち向けないで!夜眠れなくなるから!」とふすまを閉めて俺ごと遮断したくらいの眩しさだぜ!

あとはちょちょいと自作レフ板(ダンボールにアルミ箔)を用意して、背景用にこの前買っておいた黒ケント紙を敷いて・・・・・・・・



リゼルをテスト撮影だぜ!






リゼル立ち姿




うーん・・・なんか七五三の記念撮影みたいになってしもた(´・ω・`)
ライトの位置やらカメラの設定やら、これからあちこち弄ってきれいな写真を撮れるよう精進いたす!

さて、そろそろマジでスタークジェガン作らないと(´・ω・`)




家庭と模型の両立

中高年モデラーのアキレス腱といえば、家族(とりわけ奥さん)との折り合いだよな。結構ここでひっかかって模型作れないって中高年も多いようなので、俺の例を紹介致しますよ。

まずですね、一般論として、奥さんが「ちょっとこれ手伝って!」とか「ちょっと買物に連れて行って!」等と言ってきた場合、これはお願いの形をとったメイレイの場合が多いんですねw 当然「あー、ごめんちょっと手が離せない」なんてのは完全にNGワード。組み立て中だろうが塗装中だろうが、駆けつけて対応。これを怠ると模型製作してるだけで人格まで否定されるハメになります。あ、一般論です、一般論。

うちは3LDKに家族5人暮らしなんで、場所には全く余裕なし。にも関わらず俺が考えた「家族に優しい快適模型環境」はこんな感じ。

・畳、一畳分に収まるコンパクトな作業環境
・すぐに作業開始でき、作業途中で放置しても問題ない作業台の常設
・シンナー対策
・模型製作に使う機材、部材などが外から見えないよう、美観に配慮

で、完成したのがコレ↓

desk1.jpg


ほぼ1畳に詰め込んであります。横幅小さめなパソコンデスクにクレオスの塗装ブースを組み付け。組み付けは大仰になると面倒なので、SMプレイで培った技術を駆使して紐で器用に固定(え
コンプレッサーは昔懐かしいアドコン4004です。風量スゴいが音もスゴい。引き出しには模型用の工具、塗料、その他がパンパンに詰まってます。個人的に一番気に入ってるのはゴミ箱。ふた付きのデカいを窓の外に設置。シンナーを含みまくったティッシュはすぐに窓から外へ捨てます。これで、室内のシンナー臭を最小限に。組み立てから塗装までこの狭いスペースで一気にやっちゃいます。

この位のスペースなら、なんとかなる!って方も多いんじゃないかな?是非是非、一時の気の迷いで泥沼にはまって下さいねw

(´・ω・`)ノ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。