• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、紫の薔薇の人です。

昭和57年のとある夕暮れ。

小さな模型店の店頭に小学生たちの人だかりがあった。
彼らの目当てはそう、ガンプラ。世は空前のガンプラブーム。

たくさんの子供たちがガンプラ新製品の入荷を待って列を作っていたが、
その可愛らしい列の中に一人だけ「大きなオトモダチ」が混ざっていた。

当時15歳だったこの青年は思った。

「あー 15歳にもなって俺、小学生に混じって何やっとんねん」

15歳にして羞恥に頬を染めていたあの青年に、未来の俺から力強く言ってやりたい。


「心配すんな!お前40過ぎてもまだガンプラやってっから!」


というわけで初めまして、紫の薔薇の人です。

趣味は早朝ランニングと模型。自分でも取り合わせがよくわかりません。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。