• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭と模型の両立

中高年モデラーのアキレス腱といえば、家族(とりわけ奥さん)との折り合いだよな。結構ここでひっかかって模型作れないって中高年も多いようなので、俺の例を紹介致しますよ。

まずですね、一般論として、奥さんが「ちょっとこれ手伝って!」とか「ちょっと買物に連れて行って!」等と言ってきた場合、これはお願いの形をとったメイレイの場合が多いんですねw 当然「あー、ごめんちょっと手が離せない」なんてのは完全にNGワード。組み立て中だろうが塗装中だろうが、駆けつけて対応。これを怠ると模型製作してるだけで人格まで否定されるハメになります。あ、一般論です、一般論。

うちは3LDKに家族5人暮らしなんで、場所には全く余裕なし。にも関わらず俺が考えた「家族に優しい快適模型環境」はこんな感じ。

・畳、一畳分に収まるコンパクトな作業環境
・すぐに作業開始でき、作業途中で放置しても問題ない作業台の常設
・シンナー対策
・模型製作に使う機材、部材などが外から見えないよう、美観に配慮

で、完成したのがコレ↓

desk1.jpg


ほぼ1畳に詰め込んであります。横幅小さめなパソコンデスクにクレオスの塗装ブースを組み付け。組み付けは大仰になると面倒なので、SMプレイで培った技術を駆使して紐で器用に固定(え
コンプレッサーは昔懐かしいアドコン4004です。風量スゴいが音もスゴい。引き出しには模型用の工具、塗料、その他がパンパンに詰まってます。個人的に一番気に入ってるのはゴミ箱。ふた付きのデカいを窓の外に設置。シンナーを含みまくったティッシュはすぐに窓から外へ捨てます。これで、室内のシンナー臭を最小限に。組み立てから塗装までこの狭いスペースで一気にやっちゃいます。

この位のスペースなら、なんとかなる!って方も多いんじゃないかな?是非是非、一時の気の迷いで泥沼にはまって下さいねw

(´・ω・`)ノ


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。